無料メルマガの登録・解除はこちらからできます。
メルマガ購読・解除 ID: 1019744
お客が好む接客は紙一重?常連客に変える接客マーケティング力
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2009年12月15日

メルマガ更新情報〜12月14日配信

「PR」ネタのコンサルタント 時事的な雑学を日常で
 毎日、1つのニュースをピックアップし、使える「ネタ」として
 配信!!そして、時事的なネタを配信します。 




■ メルマガ更新情報 ■

お客は同じではない
━━━━━━━━━


 人間は感情の動物。



 だから、朝、昼、晩と違った顔を持つもの。よく考えたら寝

起きと活発に動いている昼、そしてようやく1日を終えて自宅で

寛ぐときの感情なんてすべてバラバラ。




 だからこそ、同じ相手でも違った人にように相手にする‥こ

れは懇意にしていただいたあるコールセンターの採用担当の人か

ら教わったこと。



 サービス業でその店舗が繁盛すれば、当然リピーターの客を多

く抱えているはず。そして来客する時間帯で同じ客でも感情が違

うのがほとんどである。




 何が言いたいかというと、クレームにもなりやすいということ。


 まあ、紙一重ではあるが‥



 同じ接客を心がけしたはずなのに‥なぜ文句を?などとはお客

が抱えている感情のもつれが、接客に対し面白くなかったという

こともある。

 


 そんなこといっていたら限りがない‥まさしくそのとおりでど

れだけお客が来ると思っているのだ!と言われそうだがそのこと

を知っているだけでスタッフは気が楽なはず。



 何せ接客の仕事で嫌な面は、クレームやお客に対し気を使うこ

とであるはずだから、そういったところを少しでも払拭できれば

定着率の工場やお客といいリレーション(関係)を築ける。



 お客もいまはそんなすれ違うような接客と向き合うのが嫌で、

いわゆる「イエナカ化」「巣ごもり」が増えているのだから。



 お互い負担なく接するためには、やはり相手のことを少しで

も知っておくことが必要であり、感情のところの変化も知ってい

るほうが楽だ。




※続きはメルマガで
 お客が好む接客は紙一重?常連客に変える接客マーケティング力








posted by egawomisete at 07:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | メルマガ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログを始めました。現在、数稽古、修行中です。いろいろなブログを訪問して勉強中です。参考になりました。ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
Posted by ツイてる! at 2009年12月19日 13:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック